スターデスティニー_239

「いや、そうじゃない。しばらくゆっくりできる場所を用意した」
微妙にかみ合わない答えに、イクセリオはまた質問を返した。
「ん?俺たちはそっちに帰るんだぞ」
「わかっている。こっちで落ち合おう。
それと…お前に会わせたい奴がいる」
“No, no. I prepared a place where I could relax for a while.”
Exserio also replied the question to an answer that doesn't mesh subtly.
“No? We ’re going over there.”
"I know. Let's meet here.
And ... there is a guy who wants to meet you. "

誰だ?
Who is that?

「お前が知らない奴だ」
聞いているポチはワイトに視線を向けた。
目が合ったワイトは両手を広げジェスチャーで返し、首を傾げた。
シグナスは話しを続けた。
「詳しく話すとお前は会おうとしないだろう。
どっちにせよ、変化は必要だろ?
ピピドで落ち合おう」
"You guys don't know"
Pochi listening to the conversation turned his eyes to Wight.
Wight, who matched his eyes, spread his hands and returned with a gesture, leaning his neck.
Cygnus continued talking.
“If you talk in detail, you will not meet.
Either way, change is necessary?
Let's meet at Pipido "




UDF ウルトラディテールフィギュア ピーナッツシリーズ8
チャーリー ブラウン & スヌーピー 全高約76mm 塗装済み完成品 フィギュア