スターデスティニー_231

エレベーターが到着し、自動ドアが開くと
見覚えのある騎士が二人を出迎えた。
When the elevator arrived and the automatic door opened,
a familiar knight greeted the two.

イツェ!
どうして君がここに?
Itse! Why are you here?

「ピピドで部下たちが暴れ回ったと報告を聞いた。
サーキュラーとして、せめてそこまで見送らせてもらいたい」
イクセリオをエスコートしていた男は少し困った顔をして返答した。
「今はお互いに、一緒に行動するのは控えた方がいいんじゃないか?」
イクセリオは気にする様子もなく、エレベーターから降りた。
「せっかくだ。船まで見送ってもらおう」
"I heard reports that men on the Pipido went wild.
As a Circular, I would like to see at least send me there.
The man who escorted Exserio responded with a slightly embarrassed face.
"Now we should refrain from acting together with each other, right?"
Exserio got out of the elevator, apparently without concern.
"Just right. Let's see off to the ship."