スターデスティニー_181

「敵がやったのか?!」
「わからないが外からじゃなかった」
動揺している兵士たちが会話をしていると、
後方から走ってきたギッツァーが急いで声をかけた。
「敵が来るぞ!排除してくれ」
「あんたたちは?」
「E6部隊だ」
"Did the enemy do it?"
"I do not know but it was not from outside."
When the upset soldiers were talking, Ghizzar ran from behind and called out quickly.
"The enemy will come! Please eliminate it"
"What about you?"
"It's an E6 unit"

俺が生存者を確認してくる
援護してくれ!
I will check the survivors
Cover!

わかった
all right

ギッツァーは耳に手を当てて、
仲間の偵察兵と何かを話している。
そして、煙の中を軽く見渡した後、その奥へ走り出した。
それを眺めていたキーコをゼピィーが急かした。
「キーコ、俺たちも行くぞ」
Ghizzar is talking to something with his fellow reconnaissance arm with his hand on his ear.
After lightly looking through the smoke, it ran into it.
Zepee hurried Keyyco who was looking at it.
"Keyyco, we will also go"


Share on Tumblr Clip to Evernote