スターデスティニー_077

カルハザードとゴールドプライムの
やり取りを見ていたシシーが笑いをこらえながら近づいてきた。
「そっちはマスタークラスのワイトで
あっちがリーダーのイクセリオだよ」
握手したままのゴールドプライムとカルハザードは
同時に声を出した。
「えっ!?」
シシーが指をさした方、ワイトの少し後ろには、
確かにもう一人の宇宙人が立っている。
カルハザードにはボスの付き添いにしか見えなかった。
「貫禄があったのであんたがボスかと思ったよ。
誰だってそう思うハズさ!」
カルハザードは左手で馴れ馴れしくワイトの背中を軽く叩き、
なんとかこの場を乗り切ろうとした。
ノープランのゴールドプライムはカルハザードの顔を見ている。
もちろんワイトの手を握ったままだ。
ゴールドプライムと目を合わせずにカルハザードは右肘で合図した。
「気づかれないように手を放せ」
結局、ヴァーミリオンとイクセリオが話した後、
移動するまで手は握ったままだった。

任務失敗。


Between Kalhazard and Goldprime
Sissy who was watching t
he exchange came approaching while holding back the laugh.
"That is the master class Wight.
Later is the leader Exserio. "
While shaking hands, Goldprime and Kalhazard simultaneously cried out.
"what!?"
Those who Sissy touched, slightly behind the Wight,
Certainly another alien is standing.
Kalhazard only looked like a boss's attendant.
"Because I had dignity, I thought you were a boss.
Everyone thinks so, it's a must! "
Kalhazard knocks the back of Wight lightly with his left hand,
I managed to get over this place.
Noplan Goldprime is looking at the face of Kalhazard.
Of course I keep holding the hand of Wight.
Without looking into Goldprime, Kalhazard signaled with his right elbow.
"Let go of my hand not to be noticed"
After all, after Vermilion and Exserio talked,
My hands were still holding until I moved.

Mission failed.