web漫画 STAR DESTINY スターデスティニー

※「カテゴリー」から読んでね。 ※I read from the " category " web comic .Favorite page will share please SNS if there . web漫画?ラノベマンガ?絵本?そんな形式の無料ウェブ漫画です。 イケメンウサギ?騎士、宇宙人、ビームソードに魔法!ケモノ 中二病 萌えもツインテールもあるどー! お気に入りのページがあったらSNSでシェアお願いします。 web comic ? Light novel ? Picture book ? It is a free web comic of such format .

スターデスティニー一番最初のページ
■STAR DESTINY The first page



スポンサーリンク

P174

スターデスティニー_191

「カルファ、船に戻って準備しろ。補給が終わっていたらすぐに出る」
ルゴールが指示を出すと、カルファは頷き、背を向けて歩き出した。
ヴァーミリオンとルゴールは今にも衝突しそうだ。
ジャダに視線を向けた後、
カルハザードは銃を握ったまま、右手で右の耳を軽く掻いた。
"Khalfa, get back to the ship and get ready as soon as supply is over"
When Rgel gave instructions, Khalfa nodded and turned away and started walking.
Vermilion and Rgel are in conflict.
After turning his eyes on Giada,
Kalhazard grasped the gun and scratched the right ear with the right hand.

ジャダは無視だ
Giada ignored



ゴールドプライム
上手くやってくれよ
Gold Prime
Do it well


P173

スターデスティニー_190


お前…
なんでいるんだ
You ...
what are you doing?

ジャダ!
Giada!

どうも
Hello

「トトストでの補給と護衛をしています」
「護衛だって?さらわれた事にしておいた方がいいんじゃないか?」
動揺を隠せないカルハザードをジャダは楽しそうに見ている。
「コイツとだけはやりたくなかった」
カルハザードはヴァーミリオンにだけ聞こえるようにつぶやいた。
「安心してください。ジモーにはあなた達をブッ殺すなと言われています」
「話しがわかる相手でよかったぜ。後でピピドの土産を贈ると伝えといてくれ」
"I am supplying and escorting at Totost"
"Escort? I guess it would be better to leave it to be scared?"
Giada looks happily at Kalhazard that can not hide upset.
"I do not want to fight with him alone"
Kalhazard muttered so that it sounded only to Vermilion.
"Please be relieved, Jimo is told not to kill you."
"I'm glad that you understand the story,
tell me that you will give a souvenir of Pipido later"



少しだけ相手をしてやる
I will play a little bit


P172

スターデスティニー_189


脅威になるしかない
There is no choice
but to be a threat

そのために必要だ
It is necessary for that reason

惑星クインタ
Planet quinta

何事もなかったように
それを持ち主に返すんだ
As you did not do anything,
return the baggage to the owner

ルゴール
Rgel


ギャラリー
  • P174
  • P173
  • P172
  • P171
  • P170
  • P169
  • P168
  • P167
  • P166

スポンサーリンク

スポンサーリンク
kindle電子書籍

フリーエリア

スポンサーリンク
STAR DESTINY